2011年11月22日

<PETIT(ぺティート)>コレクションのご紹介

Hintmint Petit Tower
●What is PETIT?
ポップアップ式スタイルが特徴で、あざやかなカラーとシェイプがキュートなPETIT(ぺティート)を、本日は皆さまに初お披露目いたします(^^)。
ヒントミントのシグネチャー的な存在のクラシックラベルアイロニー・ブラックラベル、ホテル専売商品のヒントミントミニや、プレミアムコレクションのアーティストシリーズなどのラインアップの中で、PETITはたとえるなら、ヒントミントファミリーの「末っ子の弟、妹」といったポジションです。

Hintmint Petit Peppermint Open
ケースの下をプッシュすると、こんな感じでコロコロっとミントが出てきます。カワイイ・・・。

●Launching Shanghai
ヒントミントのアジア全体のマーケティングの中で、アジアとひと言でいっても、それぞれの国や都市の個性や文化、趣向を考えて、ヒントミントのなにをどの時期にどのようにアジア展開するかを決定しておりますが、日本未発売のこちらのPETITについては、12月より上海を皮切りに販売を開始することにいたしました。続いてシンガポールを予定しております。

Hintmint Petit in a line

●Black Current VS Peppermint
祝☆PETIT発売記念第一弾は、「ブラックカラント」と「ペパーミント」をリリース。
「ブラックカラント」は、まだまだ日本では馴染みの薄いフルーツですが、ぎゅっと甘さや酸味や美味しさがつまった、ブルーベリーに似ているけれど、ブルーベリーより色の濃さも味の深さもあるのが特徴で、ヨーロッパではデザートにも多用されており、アジア都市でも歴史的にヨーロッパの植民地時代があった土壌では、広く愛されているフルーツです。国際色豊かな歴史とモダンを持つ上海ならではの都市の個性を鑑みて、ローチングにあたり「ブラックカラント」と王道「ペパーミント」の2種から、販売をスタートいたします。

Celebrities with Hintmint
Jamie Foxx と Tori Spelling

海外旅行の旅先で「こんなヒントミントを発見!」というファンメールをいただくことも多いのですが、日本は他の国に比べて、限定商品や企画商品を多くリリースしているのも特徴で、外人の方からは「見たことがないデザインやラインアップを日本で発見!」というお声も多数寄せられています。ヒントミントを愛してくださる皆さまが、小さなコレクターズアイテムとしても、携帯するアクセサリーとしても、ドキドキワクワクしてくださるような商品開発やリリースを続けてまいりますので、ご期待いただければ嬉しく思います。

追記)
BMW大阪<MINI>のショールームにて先日開催されたイベントにて、ご来場されたお客様にアイロニー・ブラックラベルがギフトで配られました。
イベントサイト(一部)
こちらでのご案内が遅くなりましたが、お世話になりました関係各位の皆さま、ありがとうございました。足を運んでいただいたお客さまの快適なドライブのリフレッシュメントや、車内空間の小物コーディネートとしても、ヒントミントを愛車に乗せて、お楽しみいただけたら幸いです。


posted by hintmint at 00:00| News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。