2012年04月10日

HINTMINT in Asia〜上海レポート(1)

4月第一週も過ぎて、桜も各地で満開になり、週末はお花見をされた方も多かったのではないでしょうか。道を歩いている人も、桜を見上げるときは、みんな優しいお顔をしているのも、心が和みますね。
HINTMINT in Asiaと題して、皆さまに2回に分けて上海レポートをお送りいたします。
今回は上海を代表する五つ星ホテルでのヒントミントの風景です。

最初にご紹介するのが、上海のランドマークとも言うべき、シェラトン上海虹橋ホテル(SHERATON SHANGHAI HONGQIAO HOTEL) です。虹橋地区の中心にあり、「上海世貿商城(上海マート)」などの見本市会場へも歩いて行けるロケーションで、市内のどこへ行くにも交通の便がよいために、世界各国から集まるビジネスエグゼクティブの姿も多く見られ、上海の躍動や熱気を感じるスポットでもあります。
sh-ex
こちらのホテル内にあるギフトショップ&フードストアで、ヒントミントを販売していますが、日本未発売のクラシックラベルのブラックケース「リコリス」も人気で、ビジネスマンの方がホテルのラウンジでの商談の前やお食事の後に立ち寄って、購入されることも多いそうです。ヨーロッパではキャンディーを始めリコリスを使ったお菓子は広く親しまれているものの、ハーブの強さが日本の食生活には馴染みにくいところもありますが、ニンニクや香味野菜やスパイスを使った中華料理のお食事のあと、お口を爽やかにし、胃の重たさをクールダウンするのに愛されているのは、上海ならではですね。
sh-sh

続いてご紹介するのが、オークラ ガーデンホテル上海(Okura Garden Hotel Shanghai)。
中国語表記の「花園飯店」という方が、現地では知られているかもしれません。こちらは租界時代の象徴的な建造物として歴史に名を残す、1920年代に建設された旧フランスクラブをモチーフにしており、現代的な高層建築とクラシカルなディテールの美しさが見事に調和した趣を感じるホテルです。
ok-ex
そのホテル内にある皆さまにもお馴染みの「三越」のショップにて、ヒントミントを販売していますが、こちらではアイロニー・ブラックラベルと、クラシックラベルのグリーンティーミントの人気が高いそうです。ショップの雰囲気にもマッチしていますね。
Okura Mitsukoshi Gaikan.JPG

Okura Mitsukoshi Naikan.JPG

最後にご紹介するのが、日本でもその名を広く知られているフォーシーズンズホテル上海(Four Seasons Hotel Shanghai)です。上海の中心に位置し、徒歩圏内にショッピングエリアがあるので、観光やショッピングを目いっぱい満喫したい方には最適のホテルです。大きめのキングサイズベッドが置かれて、旅の疲れをゆっくりと癒せる高級感が漂う客室は、ラグジュアリーなステイを楽しめると評判です。
Fourseason gaikan.jpg
こちらはスパが非常に有名で、滞在の楽しみの1つとして人気を集めておりますが、スパの後のリフレッシュメントにもヒントミントが好評なのだそうで、ホテル内で会議やバンケットを行う際のアメニティーとしてご利用いただくなど、さまざまな場面でヒントミントが愛されています。HINT MINT Japan Facebookでひと足先にご紹介いたしましたが、ギフトショップのディスプレイのパンダがキュートで、日本未発売のアイロニー・ブラックラベルのレッドケース「シナモンミント」も販売しています。
CP1.jpg
チャイニーズニューイヤーバージョンのパンダ。

CP2.jpg
ヒントミント専用ラック什器の間からも、パンダが顔を出しています。

中華料理を食べた後のリフレッシュメントに愛用されたり、ビジネスシーンやステイのお供など、国際色豊かな上海のライフシーンにもすっかり溶け込んだヒントミントですが、GWなどご旅行で訪れた際には、日本未発売のアイテムはじめ、ご当地ならではのヒントミントをお楽しみいただければ幸いです。それでは次回のレポートもお楽しみに。


posted by hintmint at 09:00| News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。